クラスTシャツの魅力

クラスTシャツの魅力

『クラスTシャツについて』

昔はクラスTシャツと言うと、クラスで絵を書く事が得意な子に絵を描いてもらい、その描いた絵に加えてクラス全員の名前を入れるケースが定番でした。しかし近年では、お揃いのオリジナルのデザインプリントTシャツでは無く、既製品であるサッカーのユニフォーム等をお揃いにし、それをクラスTシャツとして活用するケースも増えてきているようです。SNS等でもクラスTシャツにはサッカーユニフォームを希望する声が最近は多く挙がっており、若者の間では支持が高い様です。しかし、折角のオリジナルTシャツのはずが、学校内で他のクラスと被ってしまう恐れがあるので、他のクラスは一体どのチームの柄にする予定なのかを確かめる事も重要になります。
 
『クラスTシャツの良いところ』
学校行事の催し物と言うと、思い浮かぶのは体育祭や文化祭等ではないでしょうか。同じ目標に向かってクラス全員で何かに取り組む際、皆の団結意識を強くする為としてクラスTシャツで一体感を出す事はとても素敵です。まだ学生であるとそこまでの予算も無い為、お金を多くかける事は出来ません。しかし、低予算であっても、なるべくこだわりのあるクラスTシャツを作りたい、そんな思いを持っている学生さんも多いのではないでしょうか。
クラスTシャツを扱っている会社も現在は沢山あるので、色々とインターネット等で見てみると良いでしょう。また、学校専用でクラスTシャツ作成を専門的に扱っている会社もあり、そこだと価格もお手頃の様です。
 
『クラスTシャツをお店に依頼する良さ』
[デザインについて]
わざわざ自分達でパソコンのソフト等を用いてデザインを起こす必要が無く、手書きで書いたデザインをFAXかメールでお店に送れば、お店側が依頼されたデザインを起こしてくれます。なかなか良いデザインが思いつかなくても、クラスTシャツのデザインサンプルが豊富に紹介されていたりするので、「思いつかなくてどうしよう…。」と悩む心配もありません。
 
『やはりオリジナルデザインにこだわる』
この様にじわじわと流行しているサッカーユニフォームですが、やはりクラスTシャツと言ったらオリジナリティーが光るデザインプリントされたTシャツではないでしょうか。今時のクラスTシャツ専用のレプリカサッカーユニフォームは、形やデザインも格好良い物も取り揃えがある様なので、オリジナルデザインのクラスTシャツを検討してみるのもおススメです。自分が大人になって見返した時には当時の思い出が蘇ってきて、そう言った意味でもやはりオリジナルデザインのクラスTシャツは特別感のある記念品になって良いですよ。
 
『クラスTシャツのフォント・書体について』
オリジナルTシャツを作成する時には、フォント次第で、Tシャツの雰囲気が作れます。人は、そこに書かれた文字から受ける印象で、全体のイメージを作り上げます。逆にいえば、特に文章を書かなくても、文字だけで「かわいい・クール・リッチ感」などというメッセージを届けることもできるのです。 [すぐに活用出来るフォント・書体のおススメ] 幾つかフォントや書体についてまとめたので、こちらも参考にしてみて下さい。しかし、正確に言い切れるものでは無いので、そこはクラスTシャツを依頼した際に、そのお店の方のアドバイスも伺ってみて下さいね。
 
  • 力強さ・インパクトがある:太いゴシック体
Tシャツを着用しながら遠くにいても、パッと目立ち文字が読みやすいのでおススメです。書体に関して言えば王道でオーソドックスではありますが、力強さやインパクトとだけで無く、落ち着いた感じも印象付けます。元気なイメージも勿論あるので、カラーの選び方・使い方次第で、フレッシュさもアピールする事が出来ます。
 
  • シンプル・クール・すっきり:細いゴシック体
文字に余計な装飾が無く為、すっきり洗練された印象になります。文字の線が細い事で女性らしい雰囲気も与えます。また、親しみを感じやすい字体でもあるので、メッセージ性の強いTシャツを作ろうと検討しているのであれば、あえてこの書体を活用してみるのも一つかも知れません。
 
  • きちんとした感じ・リッチ感:明朝体・セリフ体
文字の端々にさり気なくデザインが施されており、繊細できっちりした印象を与えてくれます。フォントを太めにすれば、古典的な印象にも変化します。

  • 和風テイスト:行書体、草書体、筆文字、勘亭流等
和風テイストのフォントは、かなり種類が豊富にあります。力強い印象を与えるものから、しなやかな筆のタッチが優雅な印象を与えるもの迄、色々とあります。個性的な字体な分、文字の数が多過ぎてしまうと、折角の伝えたいメッセージが相手に伝わり辛くなってしまうので、そこには注意して見ましょう。
 
  • 上品な感じ・クラシック:英字の筆記体
まるで羽ペンを使用してサラリと書いた様な上品なイメージを与えます。あまり小さい文字にしてしまうと、折角の文字が潰れてしまう為、小さな文字でのプリントは避けましょう。おプリントそのものが上品な自体になるので、おしゃれ度を増してくれます。
 
  • 可愛い感じ:手書き風フォント、丸文字
 文字の可愛いイメージが先行しますが、それを逆手にとって、伝えにくいメッセージをあえてこの字体でプリントしてみるのも一つです。
 
『今流行りのネーム・ナンバー加工』
今のクラスTシャツの人気はサッカーユニフォームが人気が高いとお伝えしていましたが、クラスTシャツを専門に扱う業者でも、ユニホーム風のネーム・ナンバー加工を行っている所が沢山あります。カラーバリエーションも豊富に用意されており、その中から色を指定して依頼する事が可能です。色々な業者を見てみると、大体40種類位のカラーバリエーションを用意している所が多いです。
[文字カラーの分類について]
カラーは大きく二つに分類する事が出来ます。一般的にどこの業者もこの程度のカラーバリエーションを用意しています。
●通常シートカラー:一般的なノーマルなカラー
             蛍光色カラー
●特色シートカラー:ラメカラー、グラデーションカラー
             アニマルカラー(カモフラ柄、ヒョウ柄、ゼブラ柄)
             ふわもこ素材(少し表面が浮き出た様な文字)
[文字の書体について]
ネーム・ナンバー加工をする際の文字の書体ですが、最大28種類の書体から文字にしたいものを選べるようです。業者によっては選ぶことの出来る書体が少ない所もあるので色々見てみて下さい。クラスTシャツを取り扱っている会社のHPを見てみると、使用出来る書体が分かり易く載っているので、その文字を見て依頼する事が可能です。折角オリジナルを作るのであれば、選択肢が沢山ある方が、色々デザインはが選べて良いのでは無いかと思います。書体についても豊富な種類から選ぶ事が出来るのでTシャツ作りも楽しくなりますね。
[名前の文字加工のタイプについて]
文字加工は一般的にどこの業者も基本2タイプです。
・ストレートタイプ
・アーチタイプ
料金的には、アーチタイプの方が料金が割り増になっているようです。どちらかのデザインを選んで依頼しますが、名前はアーチ型での依頼が人気が高くなっています。
 
今回は、クラスTシャツの文字デザインのアドバイスや人気のサッカーユニホームの事について触れてきました。これからクラスTシャツを作ろうと考えている方は、是非こちらも参考にしてみて下さいね。

学校関係者専門クラスTシャツ製作|ノーブル